ホモヘルスの実現のためには

女が男を接客するのが風俗では一般的だ。だが、この世には同性愛の男性も存在している。割合がどれ位かは謎に包まれているが、繁華街に多数のゲイバーが存在している事を考慮すれば相当な人数がいると考えて良いだろう。

そんな人達を狙った風俗、ホモヘルスを開業すれば儲かるかもしれない。女性器へオチンチンを入れると逮捕されてしまう現代日本だが、アナル、つまり肛門への挿入はこの国では合法のはずである。異性愛の男性からすると羨ましい様な、でも遠慮しておきたいという複雑な心境である。

業態は箱ヘルでは難しいだろう。店の中に入って行くという事は「私はホモです」と周囲の人々に宣言しているのと同じだからである。よってホモヘルスはデリヘルでの営業が現実的である。これなら他の人に知られる心配を限りなくゼロにできるはずだ。

ただ本番行為(この場合は肛門を使用しての)は性病になる確率が高めとされている。予防のためにもコンドームの装着を義務付けた方が良いだろう。問題は興奮し過ぎた時に、勢い余って「コンドーム外してアナルの中に出して!」と叫んでしまう恐れがある事だ。

この対策は後でゆっくり考えれば良い。競争が激しくなる前に求人を出してイケメンを確保する方が先決だ。