デリヘル・ホテヘル・ソープの違いと求人

最初に簡単にまとめてしまいましょう。

デリヘルとホテヘルというのは「出張型」の風俗で、ホテヘルは主に依頼主のいるホテルに出張してサービスし、デリヘルは依頼主がいるホテルや依頼主の自宅などに出張してサービスするものです。

ソープは「店舗型」の風俗で、店舗にやってきたお客様にサービスを提供するというものです。
つまり、「移動」が必要不可欠なのがデリヘルとホテヘル、ずっと同じ場所で働き続けるのがソープということになります。
デリヘルやホテヘルは移動時間も仕事の内ということです。

サービス内容はソープの方が大変かもしれません。
全身を使ってお客様を綺麗にしたり、全身を使って気持ちよくなってもらいます。
とはいえ、デリヘルやホテヘルも二人でお風呂に入ったり、全身を使って奉仕することが基本なのでそこまでの大差があるとはいえないかもしれません。

ただソープの方がどちらかというと快楽に導くための「技術」が必要になります。
ソープは常連客などは高い技術を目当てに来る場合も多いので、彼氏や彼女気分を味わいたいという理由などで利用し、技術はそこまで高いものじゃなくてもいいという場合もあるデリヘルやホテヘルとは、趣が異なります。

技術の高さが求められるソープでは当然給料も高く、デリヘルやホテヘルが低いわけではないのですが、ソープは頑張り次第では風俗業全体でもトップクラスの収入が期待できます。

「移動」と「技術」という点でどういう価値観をもつかは重要です。

求人情報は少し調べてみれば必ずあるはずです。
ネットなどで調べればトップにくるようなお店は人気店である可能性が高いですし、人気店ということは指名を受けやすかったり、常連客も多く、リピーターもつきやすいため稼ぎやすい店であり、働く女性のためにいろいろと考えてくれている場合が多いです。

あとは労働環境や収入などをよく見比べて、探すといいでしょう。